5289_ゼニス羽田(5290ベルテクスに。ホクコンと共同株式移転を経て親会社設立)

2018/10/07更新。

題名のとおり、ホクコンと共同株式移転を経て、親会社を設立。

事業内容はコンクリート製品。次いでセラミック、工事事業。
ただ、「コンクリート86(17)、セラミック6(5)、工事5(19)、他4(32) <17・3>」と、工事やその他事業が利益を出している。

その他には、建設、マンホール、RFIDタグなどがある。

ざっくりバリエーションで、510円~660円。成長性は0%~10%で、割引率は7%とした。
利益は2018年度の四季報予想想定。やや割安~割安。


Sponsored Link


 

2018年4Qは売上OK、利益もうちょい。
2019年ガイダンスは売上は良いが利益がだめ。保守的な会社なので、多分上方修正してくるんだろうけど。。。

B/Sは現金多めで余裕あり。その他気になる点なし。
CFマージンは、2015:15%、2016:18% 2017:11%、2018:15%と良い。
意外にキャッシュが良い。コンクリートって、キャッシュ入るのかなぁ。。。
ROA8%。

小型割安株でテーマは電線地中化と防災。
正直、コンクリートってピンここないのが難しい。

なんとなくだけどオリンピックまででBuy。短期はHold。
→10/7時点。結構前のゼニス単体の決算はイマイチ。投資判断は一旦、ホールドに。
また、親会社設立のため、本ページは凍結。ベルテクスでまた書きたいと思う。

投資判断

個人的にBuy。
ただ、ホクコンとの経営統合の再調査します。(ToDo)
→10/7時点で親会社設立のため、再分析が必要。

・判例:
Buy(バイ) = 投資評価最上位
Sell(セル) = 投資評価最下位
Hold(ホールド) = 推奨しない/中立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください