2021年9月のパフォーマンス

2021年9月のパフォーマンスは先月比 3.2%とプラスでした。
年初比 +36.6%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

9月は中国恒大の中国不動産バブルリスク、自民党総裁選、緊急非常事態宣言の解除があり、やや上下の激しい相場でした。

パフォーマンスではアークランドサカモトやユニバが寄与しました。

それでは、前回ブログからの売買履歴を。



Sponsored Link

[現物取引]
・なし

[信用取引]
・イオンFS、ズーム[新規購入]
イオンFSはアフターコロナ銘柄。ズームは成長性のわりに引き続き割安。

[PF状況]
全体信用の割合:70%くらい。
各信用維持率:
証券口座1(メイン1):49%
証券口座2(メイン2):101%
証券口座3(サブ):130%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください