株相場定点観測2018年11月1週目

基本は個別銘柄の業績中心の分析だが、相場全体も見ておいた方が良いと、凄腕投資家のツイッターで再認識。
今ままでも実は見るには見ていたが、適当に見てて売り買いの判断にできていなかったので、記録を残して忘れないようにしたい。


Sponsored Link

株価指標

  • 信用評価損益率:0付近で過熱。プラスはやばい。損益率-16%
  • 騰落レシオ(25日):120以上過熱、70付近底値。77.5。
  • VIX:14〜24で推移。数値が高まってきた時は暴落サイン。ボラの高い時は様子見、高値が続く時は買。日本25。アメリカ19。下降傾向。

経済指標

  • アメリカ金利05年:3.220%
  • アメリカ金利10年:3.462%
  • 日本金利05年:-0.077%
  • 日本金利10年:0.129%
  • 失業率

失業率目安

短期状況判断

指標からは危険な状況でない。アメリカ金利は引き続き注視。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください