レバレッジに関して2

レバレッジに関して、前回思うところを書いたが、今回やってしまったことがある。

信用で買って損きりして、お金が足りなくなって、電話がかかってきた(汗


Sponsored Link

維持率が大丈夫であれば、月末一括決済みないな感覚でいたが、そうではなかったんですね(汗

詳細はこう。

①現金がほとんどなく、信用銘柄購入
資産状況:
 現物:300万くらい
 現金:2000円くらい
 信用:50万くらい

②信用株一部損きり
資産状況:
 現物:300万くらい
 現金:-2000円くらい
 信用:40万くらい
ここで、現金がマイナスに気づく。

③現物株売却、利確
資産状況:
 現物:300万くらい
 現金:15万円くらい
 信用:40万くらい
現物売って、マイナスで無くなったので、安心する。

④安心している時に電話がかかってくる
証券さん:「お金足りないから振り込んで」
僕   :「買付余力プラスですけど」
証券さん:「②での決算が今日で、③の決算が明日だから、金振り込んで」
僕 :「まじですか」

というわけだった。

結論として、レバレッジを行う場合は、損きりする金額の割合をキャッシュで持っておく必要があることを知った。
個人ルールの信用での損きりラインは10%が最大とすると、
10万の入金で、100万まで購入。

余裕をみて、15万で100万くらが妥当か。

みなさんも気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください