2022年3月のパフォーマンス

2022年3月のパフォーマンスは先月比 10.7%でした。
年初比 -16.1%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

3月は、ロシアによるウクライナの軍事進行による影響で原油高が続き、また円安に振れた月でした。

相場環境としてはマザーズが強かったです。

パフォーマンスですが、信用取引分がいまいちで、現物主力(ユニバE、マイクロソフト)に助けられた月でした。

ただ、プラスではありますが、マイクロソフトがドル換算のため、円安により見た目のパフォーマンスが出た感があります。

月末が平日はつらいです。(更新が)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください