2021年10月のパフォーマンス

2021年10月のパフォーマンスは先月比 19.2%とプラスでした。
年初比 +62.9%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

10月は9月に続き中国恒大の中国不動産懸念や総選挙に向けた思惑がありましたが、相場で大きな動きはありませんでした。コロナに関しては新規感染者が大きく減り、安心感の出てきた1ヶ月間でした。

パフォーマンスでは円安+株価上昇でマイクロソフト、月次が良く好IRだったライトアップ、米国上場に向けたIRを出したユニバなど、主力が全体的に大きく上昇しました。

それでは、前回ブログからの売買履歴を。

 



Sponsored Link

[現物取引]
・なし

[信用取引]
・ポート[新規購入]
グロース系が強いので新興で成長力がありそうな企業を。僕のアークランドサカモトはいつ上がるのか……。

・ズーム[一部売却]
新興系のポジションが大きくなったので、やや調整。利確。

[PF状況]
全体信用の割合:90%くらい。
各信用維持率:
証券口座1(メイン1):48%
証券口座2(メイン2):62%
証券口座3(サブ):127%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください