2022年8月のパフォーマンス

2022年8月のパフォーマンスは先月比 +9.6%でした。
年初比 -32.1%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

8月は、原油高は一旦落ち着き、グロース株が堅調でした。

主力のユニバやポートが貢献しましたが、年始からは大きく下げているので、このパフォーマンスです。

2022年7月のパフォーマンス

2022年6月のパフォーマンスは先月比 +3.4%でした。
年初比 -38.0%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

7月は、安倍元総理の銃撃事件、新型コロナの新規感染者が日本では過去最高になるなどがありました。

原油や為替は一服、株式投資環境としても、一旦は底入れといったムードです。

個人トピック的には、主力のユニバが今だに占拠されたままということで、大きくはふるわずでした。そろそろ奪還をお願いしたい。

それでは、前回ブログからの売買履歴を。

“2022年7月のパフォーマンス” の続きを読む

2022年6月のパフォーマンス

2022年6月のパフォーマンスは先月比 -14.3%でした。
年初比 -39.7%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

6月は、ロシアによるウクライナの軍事進行が継続、原油は高値一服、円安が進む月でした。また、記録的な猛暑で、梅雨明け早く、地域によっては40度超えということです。

コロナのマスクは、この暑いのに、みんなしたままです……。

また、主力のユニバEが5月に続き、ひたすら下がったため、この結果でした。

一ヶ月経過しても、オカダマニラを取り返せないとか、どうなってるの。

他のトピックとしては、キルヒアイスキーさんがブログ刷新してました。

僕的には、毒ドリンクシリーズはお気に入りで、今回から古墳紹介の合わせワザで面白いです。

……確か、投資ブログのハズなんですが。

2022年5月のパフォーマンス

2022年5月のパフォーマンスは先月比 -8.4%でした。
年初比 -31.3%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

5月は、ロシアによるウクライナの軍事進行が継続、原油は高値、円安をキープしながも、一旦は日本株が落ち着いた感じでした。

ただ、持ち株主力のユニバEがフィリピン最高裁のニュースでSPACを疑問視されゲロ下げ。

今月はほぼこの影響です。最後の買場となればいいのに。

維持率の調整のため、10万だけ入金。

それでは、前回ブログからの売買履歴を。

“2022年5月のパフォーマンス” の続きを読む

2022年4月のパフォーマンス

2022年4月のパフォーマンスは先月比 -11.0%でした。
年初比 -25.2%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

4月は、ロシアによるウクライナの軍事衝突が継続、原油は乱高下しながらも高値、円安は1ドル130円になりました。

また相場環境としても、持ち直したと思っていたグロース市場(マザーズ)も、米国市場と一緒に下がっています。

パフォーマンスでは3月強かった現物主力(ユニバE)が下がった点と、保持していたグロース市場の持ち株が弱かったです。

グローリー市場は結構見ていたので、メドレーなどで回転できず、ずっと弱かったポートを握っているだけだったので、もっと上手くやれた気もします……。

維持率の調整のため、10万だけ入金。

それでは、前回ブログからの売買履歴を。

“2022年4月のパフォーマンス” の続きを読む

2022年3月のパフォーマンス

2022年3月のパフォーマンスは先月比 10.7%でした。
年初比 -16.1%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

3月は、ロシアによるウクライナの軍事進行による影響で原油高が続き、また円安に振れた月でした。

相場環境としてはマザーズが強かったです。

パフォーマンスですが、信用取引分がいまいちで、現物主力(ユニバE、マイクロソフト)に助けられた月でした。

ただ、プラスではありますが、マイクロソフトがドル換算のため、円安により見た目のパフォーマンスが出た感があります。

月末が平日はつらいです。(更新が)

 

2022年2月のパフォーマンス

2022年2月のパフォーマンスは先月比 -3.9%でした。
年初比 -24.2%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

2月は先月に続き、現首相による相場への影響懸念、アメリカの金利上昇による相場懸念、コロナ継続に続き、ロシアによるウクライナの軍事進行開始と激動の月でした。

個人資産としては、1月に続きマイナスですが、マザーズの下げや決算跨ぎでそこそこマイナス食らった割には、悪くなかった感じでした。

月末が月曜日がつらいです。(更新が)

2022年1月のパフォーマンス

2022年1月のパフォーマンスは先月比 -21.2%でした。
年初比 -21.2%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

1月は現首相による相場への影響懸念、アメリカの金利上昇による相場懸念、コロナのオミクロン株による影響によりマザーズが暴落、その他全体で軟調でした。

個人資産としては、マザーズの信用分が仇となり、大ダメージでした。マザーズ分は一旦リセットしたので、落ち着いて対応していきたいです。

月末が月曜日ということで、更新忘れていたのですが、過疎サイトでの意地の更新です。

2021年のパフォーマンスが見れなくなったので、また修正しておきます。

 



2021年12月のパフォーマンス

2021年12月のパフォーマンスは先月比 0%でした。
年初比 +52.5%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

12月は現首相による増税による今後見通懸念や、コロナの変異株懸念に関連して、11月に続きマザーズなどは弱く、クリスマスラリーを期待していたので、そこそこ辛い月でした。12/20がほぼ底で、12/21にやや反転したのが救いです。

今年は、プラスで終われてホッとしています。ただ、過去の経験上1,000万円を超えた後のパフォーマンスが壁のようなので、2022年は引き続き、防御にも気をつけながらいきたいです。

それでは、前回ブログからの売買履歴を。

 


“2021年12月のパフォーマンス” の続きを読む

2021年11月のパフォーマンス

2021年11月のパフォーマンスは先月比 -6.3%とマイナスでした。
年初比 +52.5%となります。

詳細は上記タブのパフォーマンス/ポートフォリオをクリックして下さい。

11月は前半は好調でしたが、金融課税が重要課題になるなど今後見通懸念や、月末にかけてコロナの変異株懸念をきっかけとした急落がありました。凄腕投資家の方ではコロナの変異株懸念より、アメリカなどすでに上がり過ぎた反動ではないかとの声もあります。

さてパフォーマンスではアフターコロナ銘柄のユニバが直撃、その他もろもろダメージを受けました。比較的ダメージが少なかったのは、ポートが上方修正や大型買収を発表したおかげで、多少は相殺されていました。

平日の月末はつらい……。

それでは、前回ブログからの売買履歴を。

 


“2021年11月のパフォーマンス” の続きを読む