2017/6月1,2週目 前回ブログからの売買

主力のユニバが面白いIRを出した今日この頃ですが、投資家の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

凄腕投資家銘柄の第一化成が上がっていなければ、心おれてました。。。

いやー、このタイミングでこのIRはどうしたもんですかね。

凄腕投資家達のブログやらツイッターを見たり、色々考えたりしたけど、
6/30まちで、現物はバイアンド放置でいこうと思います。

とりあえず、落ち着くために懸念点を整理します。
個人的な最大のリスクは、「①カジノが成功しない」「②ユニバがカジノを手放す」かなと考えており、
そのリスクに懸念点が影響するか考えてます。

・ユニバーサルエンターテインメントとウィン・リゾートとの訴訟
 →今さら大きな懸念でない。こいつのおかけで、バリュー株として購入した。
  個人的にはユニバに理があると思うが、アメリカの会社との対決なので負ける前提で考えている。
・株主代表訴訟
 →これ単独では心配していない。
・私募債
 →利率が高い。明確にデメリットではあるが、リスクに対してはむしろ良い。
・海外募集
 →すでに株価に反映済み。将来の売り圧力だが、大きな懸念ではなく、リスクに対してはむしろ良い。
  あと、海外募集にはアメリカの富裕層を巻き込んでほしかった。
  (それとも、法律上、訴訟があるから、だめなのかな?)
・カジノ動向
 →カジノ襲撃バットニュースは、カジノ市場全体に与える影響は少ないと考える。
  →テロではなく、ギャンブル依存者による犯行のため。
  →様々な世界の観光地でテロは起こっており、カジノだけに結びつけるのは無理がある。
  →リゾートワールドのセキュリティはざるだったらしい。(ツイッターとかの情報だけです。。。)
   →ただし、このためにリゾートワールドは営業停止になっており、どういった内容が営業停止に
    陥るのかは分かっていないのでこれ以外の観点で、リスクは高いと感じた。
 →オカダマニラもオープンに漕ぎつける。
 →マニラでのカジノ免許発行を5年凍結、国策。
 →フィリピンカジノの景気や経済そのものの活気は良い。
 →フルオープンでないのにオカダマニラの入場者数は1万~3万人。
 →建設進捗はまちまち。
  →今の調子で、オカダマニラが運営していけば、成功する確率は高いと考える。何もなけレバ。。。
・資金の不正流出に関する特別調査委員会の設置(★★NEW★★)
 →H27年3月に実施された。
 →金額は20億。
 →岡田氏が関与。
  →本件から岡田氏の所有する株の扱いや、今後のカジノに関する影響が分からない。

てなわけで、6/30の途中結果の状況確認まち。
ただ、これまでの直近のIRからは、決算期の変更や取締役の報酬額改定などは、
カジノ運営により経営を傾けていたように見えたので、ユニバや岡田氏によってデザインされた結末を祈りたい。

それでは、前回ブログからの売買履歴。

続きを読む «2017/6月1,2週目 前回ブログからの売買»