2016年振り返り ~総括と得した株、損した株~

明けまして、おめでとうございます。

普段は年末に本トピックで更新するんですが、
掃除ばっかしていたので、無理でした。


・株以外のプライベートのトピック
 子どもの手術(1回目)
 車買って、生活費増加
 仕事がめちゃ忙しかった

てな感じです。

育児+仕事でかつかつな一年でした。
なのに、嫁に買った車で時間取られるという二重苦。
特に、仕事の割合は高く、その辺も去年は冷静に慣れなかったのかとも思う。

・株のトピック
 カルナバイオサイエンスの被弾
 ユニバーサルエンターテインメントの恩恵
 信用取引の全体で初のマイナス
 
2016年の得した、損した株を振り返りですが、今までは決済時点で行っていたんですが、
パフォーマンスは含み益も含んでいるのに、整合性が取りづらくなってきたので、
含み益も含めて、ざっくりといきたいと思います。

1年以上の期間保持する株も増えてきたのも、理由になります。

ちなみに、含み益を含めた場合、本来は常磐開発が去年か一昨日かのどっちかで、得した株にランクインしていたと思います。

【損した株 ワースト3】
1.カルナバイオサイエンス
2.東亜バルブエンジニアリング(信用)
3.イオンファイナンシャルサービス(信用+現物)

雑感:
カルナがぶっちぎりです。
軽く100万はマイナス食らっております。。。

今回で反省したのは、創薬の確率を他社の評価に乗っかったので、自分自身の評価基準がなかったのが良くなったのかと思う。
また、自分自身の評価基準で判断できない株で主要ポジションニ取らないという当たり前のことでした。

結局、カバーし(パクった)た株でも、分析した結果、自分自身で購入の是非を判断しているが、カルナに関しては、ここが曖昧だった。

 
【得した株 ベスト3】
1.ユニバーサルエンターテインメント(信用+現物)
2.ハーバー研究所(信用+現物)
3.兼松サステック(信用)

雑感:
得した株でも、1位のユニバがぶっちぎりでした。
こいつが、含み益100万超えで、信用でも小銭稼ぎました。(今は信用分はもっていません)

まあ、カジノがどうなるか、分からないので、短期的には予測不能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です