8909_シノケングループ

2018/09/24更新。

事業内容は不動産販売、管理、ゼネコン、エネルギー、介護など。
ほとんどが不動産販売、管理だがセグメントは意外に多い。
(2018年)売上5y CAGR・実績:42.1%、営利5y CAGR・実績:45.1%、純利5y CAGR・実績:43.1%。

お金はローン可能なサラリーマンや公務員から引き出し、そのお金を土地・物件に充てる。
資金調達リスクを出資者に割り当て、管理運営によるストックビジネスを実行するイメージ。
都市圏で駅近の土地を選定することで、リスク削減しているよう。

うまくいけば、WinWin。うまくいかないと出資者から恨まれそうなビジネス。個人的には都市圏の駅近であれば、そこまで土地も下がらないのではないかと思うが、どうだろう。。。

ローンの時の金利と、土地代・物件代で大きく差がでそう。REITやり始めたとのことで、当然の帰結に思える。ある個人にリスクを集中するのか、分散して資金を調達するのか。

2018/09/17確認時点の株価で1,089円。
2018/09/24確認時点の株価で1,201円。

ざっくりバリエーションで、2,000〜円。成長性は考えず、割引率は8%とした。
利益は2017年度の利益から若干割引。割安。

Sponsored Link

B/Sは有利子負債、棚卸資産多い。少しずつだが自己資本比率の改善はみられる。

CFは財務CF頼り? 直近は2017年度のみが営業CFプラス。

僕も何度か電話勧誘を受けたことがあるが、不動産投資系は印象はよくない。ただ、2005の耐震偽装問題に対する補償など過去のシノケンの対応は真っ当にみえる。

アパートの口コミとはネットで調べた範囲だとイマイチそうだが、ネットの範囲では限界がありそう。

シノケンコインは情報が少なく、よくわからん。シノケンコインはただのポイント止まりかも。

機関空売りは2018/09/24時点では、落ち着いたように見えるが、どうか。しばらく、株価を注視して、機関の空売りの株価の状態を監視したい。

参考URL:https://karauri.net/8909/

投資判断

現在の価格ではBuy。(2018/09/24時点)

・判例:
Buy(バイ) = 投資評価最上位
Sell(セル) = 投資評価最下位
Hold(ホールド) = 推奨しない/中立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください